2019年11月20日水曜日

青のシャウエン、マラケシュのファンタジア。。モロッコ旅行レポートです!

秋のモロッコを旅行された方より写真とレポートが届きました!
青のシャウエン、とてもステキですね。
マラケシュのファンタジアもかなり見ごたえあったようです!


シャウエンは猫好きにとっての楽園でした
▼マラケシュ ファンタジアショー
とても完成された施設で360度様々な民族衣装や音楽にあふれ、短い日程で行きたいけど行けなかった場所(砂漠など)の分もらくだに乗ったり楽しむことができたような気がします。ほぼ満月の夜に見ることのできた迫力のあるショーは忘れられません!

▼リアド
シャウエン リアド・アシラー
フェズ リアド・タフィラレト
マラケシュ リアド・ナフィス
今回宿泊させていただいた宿はいずれもスタッフの方々がとても親切で、中でもタフィラレトさんはアメニティも充分でテラスや中庭などくつろげる場所も多く、スタッフさんの数も多く安心でした。夕食時にたまたま楽団の方々の演奏があったのですが、お客さんを誘って最後はリアドにいる全員で踊って楽しんでいた光景が印象的です。

フェズのタンネリ(皮なめし工房)
▼リアドでの朝食、タジン、ミントティー
ほとんどはリアドでの食事でしたが、シャウエンでの朝食で出されたクロワッサンはパンを運んできてくれた女性とそっくりにころんと丸くかわいくて、とてもおいしかったです!
フェズのリアドでは初めてのタジン鍋(鶏肉)でしたがこちらも大好きです!
あちこちで振る舞われたミントティーやモロッカンケーキも場所によって味や形が違って、こちらも楽しみのひとつでした。

ドライバーは余裕をもって、また臨機応変に、快適に楽しめるよう最善にしてくださいました。
===================
日本から6泊7日でシャウエン、フェズ、マラケシュへ。フェズ~マラケシュ間はドライバーがお送りしました。こんなモロッコ旅も可能です!

古代遺跡な旅 モロッコ個人旅行

2019年8月4日日曜日

大エジプト博物館、屈折ピラミッド―新しいエジプトを発見!

2020年の開館が待たれる、ギザのピラミッド近くの大エジプト博物館(Grand Egyptian Museum)。エジプトでは今、次々と新しいことが起こっています!エジプト観光は、これから大きく変わるかもしれません。最新のニュースをお知らせします。
大エジプト博物館エントランスのラムセス2世像
収蔵点数10万点、東京ドーム10個分の敷地。完成すれば"世界最大の博物館”となる、大エジプト博物館。その構想が発表されてからもう17年。建物がほぼ完成に近づき、ようやく2020年の年末またはそれ以降の開館が現実のものとなっています!

カイロのラムセス駅前にあった巨大なラムセス2世像はすでにこの大博物館エントランスに設置され、訪問客をまっさきに出迎えることになっています。現在タハリールのエジプト考古学博物館(Egyptian Museum)にあるツタンカーメンの遺物も続々と修復に回され、やがて大エジプト博物館内のツタンカーメン特別室に展示されることになっています。

レストランやホテルも設置される予定の、大エジプト博物館建物

日本が大半を出資、博物館の壁には「大エジプト博物館」という日本語が
この博物館が完成すると、ギザのピラミッド、スフィンクス、博物館とすべてギザで観光することが可能です。ピラミッドのエリアは現在、徒歩か車で回ることになっていますが、近い将来、観光客が巡回するためのバスが場内を走り始める予定。ピラミッド観光が大きく変わります!

ダハシュールの屈折ピラミッド
最近またエジプトから大きなニュースが飛び込んできました。50年以上閉鎖されたままだったダハシュールの屈折ピラミッドの内部公開が始まったのです!途中で傾斜が変わるピラミッドの内部、どのようになっているのか見てみたいですよね!
見学者用に階段が設置されている
内部はかなり急。かがんで歩く必要が
重量を分散させるための持ち送り構造など興味深いものが見られますが、急な階段を昇っていく必要があり、体力が必要。今のところ、ダハシュールの入場券で、ピラミッド内部にも入れます。撮影をする場合はカメラチケットが1人300ポンド(スマートフォンは無料)。ちなみに、同じダハシュールにある赤ピラミッドも入場可能ですが、両方入場する場合は、時間に余裕を持たせたほうがよさそうです!(★メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光

ラフーンのピラミッド
実は、ファイユームにあるセンウセルト2世が建てた「ラフーンのピラミッド」も、内部公開が始まっていました!こちらは初公開です。紀元前19世紀の中王国時代、石ではなく泥れんがでピラミッドを造るようになった時代のものです。

玄室へ向かう通路
外側は崩れかかった印象ですが、中では通路が整備され、石棺が置かれた玄室までたどり着くことができます。ファイユーム・オアシスと一緒に、カイロから日帰りで観光することができます(★ファイユームオアシスと中王国ピラミッド1日観光)。

ところで、大エジプト博物館ができると、今カイロのタハリール広場にあるエジプト考古学博物館はどうなってしまうの?と気になるところですが、タニスのプスセンネス1世黄金マスクなどが残り、依然としてぜひ行っておきたい博物館となりそうです。
有名な貴族の遺物などもタハリールのエジプト考古学博物館に
現在タハリールのエジプト考古学博物館にある「ミイラ室」のラムセス2世、セティ1世らのミイラは、エジプト文明博物館(National Museum of Egyptian Civilization)に移される予定。こちらはフスタートと呼ばれるエリアにあり、オールドカイロの教会などど一緒に見学するとよさそうです(★オールドカイロ半日観光

エジプトはどんどん変わってきています。「ピラミッドならもう見た」という方も、ぜひもう一度新しいエジプトを訪れてみてください!

お問い合わせは:

2019年5月10日金曜日

モロッコのサハラ砂漠、ラクダに乗って日の出を見る!

ゴールデンウィークのモロッコ旅行の写真が届きました。
砂漠ホテル近くのテントに宿泊、朝、ラクダに乗って砂丘を目指し、日の出を眺めます。
圧巻ですね…!




こちらのお客様は、プライベートで日本語ガイドと一緒に旅行されました。
日本語ガイドに空きがあれば可能です!

古代遺跡な旅 モロッコ個人旅行