2017年10月5日木曜日

ベトナムの古都フエの世界遺産とおいしいもの!

こんにちは!ベトナムから来ている古代遺跡な旅デスクのスタッフ、範秋音(ファン・トゥ・フォン)です。お正月に、ベトナムの古都フエに行ったときのことをご紹介します。フエは、かつてベトナムの王国の都が置かれていた古い街で、今も数多くの歴史ある建物が残っています。

●ティエンムー寺
フエ ティエンムー寺院
ここでは、八角七層の塔が、真っ先に目に飛び込んできます。

フォン川に面する丘の上にある、フエで最も美しい寺院。1601年に建てられ、今は世界遺産になっています。

伝説によると、ある夜、赤い衣を着た老婆がフォン川沿いの龍形の丘の上に現れ、村民に「いつか地主が来て、強い国を作るためここに寺を建てる」と語ったそうです。ベトナムの広南朝の太祖グエン・ホアンがこれを聞き、1601年、ここに自らティエンムー寺を建てました。ティエンは「天」、ムーは「姥」という意味です。

市内から4キロぐらいのところにあり、バイク、車、またはボートで行けます。

ティエンムー寺からのフォン川の眺め
フエのフォン川は、旧市街と新市街を分ける大きな川です。川の水は、時間帯によって色が変わります。朝はピンク色に染まり、ボートに乗って朝日を見学する人がたくさんいました。夕暮れ時は紫色の衣を着ているかのようです。いつの間にか、紫色がフエの街のシンボルになっています。

夜には、フェ宮廷雅楽とされるフェ民謡カーフェを演奏するドラゴンボートに乗船できます。歌い手が伝統的な服装を着て、2つの茶杯を叩きながら歌っていました。フェの人の声は優しく響き、一度聞いたら忘れられません。カーフェの演奏を見なかったら、フェを訪ねたとは言えません!

●カイディン帝廟
カイディン帝の墓所へ
1920年代、ベトナム最後の王朝である阮朝(グエン朝)のカイディン帝が建てた墓所があります。これも世界遺産です。一見中国風の建物に見えるかもしれませんが、中にはヨーロッパ風の高い塔があります。

カイディン帝の墓所
室内は意外にもヨーロッパ風
カイディン帝は、王朝の中で最も贅沢な生活を送っていたとされ、フランスの影響を受けてここを建てました。西洋と東洋がミックスした不思議なセンスです。壁にはガラスや陶器を使って模様が描かれています。フランスからの貴重な物も輸入して飾っていたそうです。帝廟の前には兵馬俑のような兵士の像が置かれています。

●ミンマン帝廟
どこか落ち着くミンマン帝の墓所
ミンマン帝は、19世紀の阮朝(グエン朝)の第2代皇帝。ほかの2つの帝の建物にべるとミンマン帝廟はやや地味な印象かもしれませんが、それぞれの建物や庭園に皇帝が行く場所を再現したストーリーがあり、見ていて飽きませんでした。

ミンマン帝はフランス文化の排除に主張していたので、広い敷地に中国風の建物が建てられました。

●フエの名物料理

フェの少し甘くて辛いで料理は、一度食べ始めると止まりません!ハノイやホーチミンとは異なる、フエの名物をご紹介します。

コムヘン フエの名物料理
シジミご飯(コムヘン)
蒸したシジミを野菜、薬味、ナッツなどと一緒にご飯に載せて、シジミ汁をかけて食べます。とってもヘルシー。

ブンボーフェ フエの名物料理
ブンボーフェ
一見、フォー(ベトナムのめん料理)と同じもののように見えるかもしれませんが、これはめんが細く、味もハノイのフォーとまったく違います!牛肉スライスとスープがおいしいんです。お好みで辛さを調整してください。

フエは、ダナンから車で来るか、ハノイから夜行列車に乗って来ることも可能です。ベトナムに来るときは、ぜひ古都フエも訪ねてみてください!

2017年9月24日日曜日

ベトナム・ハノイのグルメ旅をご紹介します!

ベトナムのスイーツ
フルーツと氷、アイスを混ぜて食べる「ホアクアザム」。
ハノイはスイーツ天国として有名
こんにちは!ベトナムから来た古代遺跡な旅デスクのスタッフ範秋香です。今回は私の故郷の街・ハノイをご紹介します。

タンロン遺跡
夜はライトアップされるタンロン遺跡

街のシンボルのひとつ、ホアンタンタンロン(タンロン遺跡)。ベトナム諸王朝の跡が残る世界遺産です。ベトナム戦争時に地下に作られた作戦会議室も見学できます。ハノイ中心(ホアンキエム湖)からタクシーで40分ぐらいの距離で、歴史に興味のある方にお勧めします。

タンロン遺産の周辺では、緑の多いホアン・デュー通りをお散歩すると、フランス風の建物ががあり、古いハノイの趣が感じられます。

ターヒエン通り(ビール通り)
ターヒエン通り。別名「ビール通り」
ホアンキエム湖のすぐ近くにあるターヒエン通り。狭くて200メートルぐらいの距離ですが、いつも人でいっぱい。ハノイのさまざまなストリートフードを楽しむことができます。夏になると、地元民に限らず外国人もここに集まり、冷たいビールを飲みながらハノイのナイトライフを楽しみます。

そんなタ・ヒエン通りの屋台やカジュアルなレストランで味わうことができる、地元のおススメ料理をご紹介します!

ハノイの焼きネム
焼きネム
「ネム」というと日本では「揚げ春巻き」として知られているようですが、実はいろいろな種類があります。これは、ひき肉をソーセージの形に丸め、天ぷら粉にまぶして揚げたもの。ビールのおつまみにピッタリ!

ハノイのネムチュア
丸ネム
豚肉を小さく切り、豚皮と焼いた米粉を混ぜます。緑の葉に包まれて出てきます。ちょっと酸味が利いていて、これもおつまみに向いています。

ハノイの屋台の鶏の足
名物!鶏の足
鶏の足を酢に漬けたもの。見た目は苦手、という人がいるかもしれませんが、さっぱりしていておいしいんです。

ハノイの街の中だけで、おいしいものがたくさんあります。グルメな旅を体験してみたいという人は、ぜひお問い合わせください!

お問い合わせは:

2017年9月8日金曜日

ベトナム・ハロン湾クルーズ。地元ではこんなふうに楽しみます!

世界遺産のハロン湾
こんにちは!ベトナムから来た「古代遺跡な旅デスク」のスタッフ範 秋香(フォン・トウフォン)です。私の故郷の街はハノイで、車で3時間くらいのところに世界遺産・ハロン湾があります。

ハロン湾は、ベトナムの東北部で一番美しい名所。さまざまな形の島が2000島ぐらいあると言われています。3月から5月、9月から11月に行くのがお勧めです。

夏、どこか涼しいところに行こうと、友人とハロン湾クルーズに参加しました。私たちが見たハロン湾をご紹介します。

クルーズ船から見た水上マーケット
船の上からは、湾にある水上マーケットが見られます!日常品から魚まで売っています。ここにいるベトナムの漁民は、生まれたからボートで生活しています。水上クラスの学校もあります。ちなみに、日本が援助してくれた学校です。

貝殻のおみやげ。1個10センチくらいあります

船上でのんびり
クルーズ船のデッキで涼しい風に当たりました。ここで音楽を聞きながらスナックや焼きイカを食べるのは最高です!

水上待合室で、ライフジャケットを身につける

浮き輪もあります

1泊2日のクルーズでは、船が途中で海の浅いところに止まってくれて、乗客が自由に泳ぐことができます。泳ぐのが苦手な人も、ライフジャケットがあるので大丈夫。浮き輪も使えます。

ティエンクン鍾乳洞
クルーズの途中で、鍾乳洞にも寄ります。島にある入口から地下に入ると、巨大な空間が開けています。

夜になるとイカを取るアクティビティもあります。ハロン湾は1日だけのツアーもありますが、ぜひ1泊2日のクルーズに参加して、いろいろなことにチャレンジーしてみてください!